2月, 2017年

2017-02-07

都内の大手製造業の皆様に「創造力あふれるアイデア脳が身につく未来新聞®ワークショップ」を実施しました。1日研修を2日間行い、約40名の方の創造力が開花しました。なぜまだこの世に存在しないのか、不思議に思うくらい実現の可能性が高く秀逸なアイデアも出ました。そんなアイデア誕生の瞬間、未来創造の瞬間に立ち会えるのもこのプログラムの醍醐味です。社内で是非、実現に向けて取り組んでいただくこと願っています。

2017-02-05

JTBコーポレートセールス様からのご依頼で「地域の未来を共に描く未来新聞®ワークショップ」を未来新聞株式会社代表、森内真也先生の下、勝浦市の皆様と実施しました。海と山、カツオとキンメ、星空とJAXA…。キラキラしている勝浦での皆様の未来新聞もやっぱり輝いていました。

《参加者様の声》
・初対面の方とディスカッションがスムーズに出来、自分でも驚いています。楽しんで参加でき有意義でした。
・実現化しそうな感じになってくる。
・あらゆる会議に応用できそう。
・相手のアイデアを尊重する事の大切さを周りに広めたい。
・未来から見る事によって「実現できるのでは?」と思えるから、市の職員研修にしたい内容だった。
・地域の将来像を築くために有効だと思った。市内、市外、性別、職業、様々な参加者でのグループ討議が効果的と考えます。
・未来の出来事を現実に起きた事のように書くことで、それまでのプロセスやその後の発展がイメージしやすく、スラスラと文章が浮かんだ。また、自分の事業と関連させることで、現実味が出てくると感じた。
・会社の中でも固定観念があり、アイデアが生まれにくい状態となっている。社内の人にすすめ、新たな企画が生まれるようにしたい。
・地域の人間を活かすプログラムについて有意義と感じた。
・仕事柄、発想の転換をすることが必要な部分もあるが、どの様な手法で考えるか、その原点に出会った様です。
・地域活性策などを話す機会に、実現できそうなテーマへの道をこの手法で行えば良いのかと思った。
・自分だけでなく他人の脳内を可視化するように感じた。難しい啓発書やビジネス書を分かりやすく楽しく読んでいるような感じだった。
・普段の思考とは別の思考をする自分に出会えた。
・自信や自己肯定感を持てるようになるため、チャレンジ精神を失いかけている仲間に薦めたい。
・急速に地方が弱くなっている今時に、全ての住民たちが未来についてプラス思考に検討していくベストツールだと感じた。
・コンスタントに人を参加させてのワークショップをするべき、そして、チーム分類して事業に取り組んでいければ最高だと思いました。
・新聞の型にすると「いつ、どこで、だれが」等がハッキリして目的や目標がわかりやすく、そこに向かってプロセスを考える事で実現性が高くなるように思う。
・自分の夢や、やりたい事が現実になったという幸福感が味わえることで、色々な事に挑戦する意欲がわくように思った。

Copyright© 2012 Willwind All Rights Reserved.