地方創生

2019-03-05

3月1日と2日の2日間で「福島イノベーション・コースト構想」の視察ツアーに参加しました。

郡山から入り、3年前に出来た福島県環境創造センター「コミュタン福島」、昨年8月に開館した特定廃棄物埋立資料館「リプルンふくしま」、昨年11月に開館した「東京電力廃炉資料館」に立ち寄り・・・放射能を学び、処理方法を学び、ガイガカウンターを持って自然林脇の散歩道を歩き、東京電力の謝罪と反省に耳を傾け、原発事故の詳細と廃炉について学ぶ。そこから再生エネルギー拠点、富岡復興メガソーラ施設を見学、ついで自動車しか通行できない帰還困難地域にバスで入り、福島第一原子力発電所の脇を通り、家やお店に入れないようバリケードが張られた国道6号を北上。その後南相馬市で一部オープンした世界初、ドローン長距離飛行・運航管理の試験拠点「福島ロボットテストフィールド」の脇を抜け、社会起業家を育成する南相馬の「あすびと福島(南相馬ソーラ・アグリパーク)」に立ち寄って、地元の高校生がメンターとなってロボットプログラミングを学ぶ小学生の発表を見て福島で解散。

いろいろ感じた。東京でこの原発の電力を使ったのは私自身。首都圏へと電気を送る送電線の鉄塔がどこまでも続く。子孫になんて言えばいいのか。そんなことに思いを馳せながら、この地こそ持続可能な世界を考える拠点になると強く感じた。SDGsの目標年2030年を超え、廃炉まで30年、40年とかかるこの地、さらに低減まで人知を超える歳月がかかる特定廃棄物がある。震災から8年という時を経て、様々なインプットができる施設がようやく完成した。震災直後、相馬救援隊として一度だけ立ち寄った相馬・南相馬。当時は何もできなかったけれど、今ようやくここ相双地区は、私たちが自らの事を見つめ直し、今をどう生きるか、そしてこれから作るべき未来を問われる場所となっていた気がした。

宿泊した富岡ホテルで、相双未来会議代表の平山勉さんのお話を聴き、一緒に夕食を囲んだ。一緒に時を過ごしたけれど、聞きたいことがほとんど聞けず、東京に戻って平山さんの記事を探した。以下に平山さんの未来ビジョンをご紹介したい。胸が熱くなりました。

「震災と原発事故から約20年後、2030年の富岡町を想像してみる。人口は元の約1万6000人には戻らないけど、2000〜3000人の小さな”村”のような1つの自治体として、自立的に機能できるような状態になっていてほしい。
当面は、廃炉関連ビジネスに経済的に依存させざるを得ない状況が続くだろう。その一方で、なるべくそれに頼らずに、自立できるような産業や生業を増やしつつ、将来的に税収をベースに行政機能を維持できる見通しがつくのか。あるいは単体では難しいのなら、周辺町村との合併の選択肢はあり得るのか。そういった議論が出てくるだろう。
僕たちの役目は、そんな数十年後の未来にバトンをつなぐこと。何十年先になるかわからないが、廃炉も終わり、自治体としてまた自立できるようになる未来に向かって、できることをやり続ける。
そうやって紡いだ糸が、例えば50年後にそこに住む人たちのアイデンティティ・存在意義になっていてほしい。『父ちゃんや、ばあちゃんたちが頑張ってくれたから、今がある』『だから、それを引き継いで頑張ろう』。途方もない先のことでゴールはまだ見えないけど、今を生きる自分たちの思いが、そんな風に次世代へと引き継がれていってほしい」

◆双葉郡の今と、住民の思いから抜粋
http://www.rise-tohoku.jp/?p=15788

2019-03-01

遠野みらい創りカレッジにて、「SDGs de 地方創生」カードゲームを実施しました。まずは少人数でのトライアルでしたが、地元企業も、行政も、NPOも、中間支援組織も、市民も、赤ちゃんも(!)と、参加者はバラエティ豊か。

参加者からは「はじめてのワークで最初は戸惑ったものの、目に見えてあの地域が今どんな状況か指標のお陰でわかり、そして自分の利益だけ求めてプロジェクトを進めても良くないことが理解できて凄く楽しかったです」「結局みんなで協力しないと良い世界にならないということもわかりました」「危機感を共有できてから雰囲気が変わって状況を好転できました」「行政と住民とのすれ違いにより、人口が減少する。コミュニケーションの大切さがわかりました」「公的資金を上手に使うべきだと実感しました」などの声があがれば、カレッジ代表の樋口さんからは「プロジェクトや進め方がリアルすぎて、まるで仕事だ(笑)」というお言葉まで。

人口減少するまちでの12年間の活動を疑似体験しながら、SDGsへの理解も深めた3時間でした。

皆様、ありがとうございました!

2019-02-23

弊社代表の冨田直子が株式会社 Project Designとissue+designが共同開発した「SDGs de 地方創生」公認ファシリテーターになりました。

「SDGs de 地方創生」とは、地域で暮らす市民、事業者、NPO、自治体など地域の様々なステークスホルダーが、持続可能なまちづくり【地方創生×SDGs】の目標実現に向けたプロセスを疑似体験しながら、実践に向けた行動スキルを学びあうカードゲームです。

SDGs(エス・ディー・ジーズ: Sustainable Development Goals)とは、2030年までに世界が抱える問題を解決し、持続可能な社会をつくるために 2015年に国連で採択された17の目標と169のターゲットです。これにより、目指すべき未来について世界中の人々と語り合える「共通言語」が誕生しました。現在、世界各国で、また日本各地でこのSDGs達成に向けた動きが加速しています。

弊社では2014年以来、岩手県遠野市、神奈川県県西地域(南足柄市・小田原市・中井町・大井町・松田町・山北町・開成町・箱根町・真鶴町・湯河原町の二市八町)において地方創生を行う様々なプログラムを企画、実施しています。
今後も様々な地域で「SDGs de 地方創生」の実施と、地域創生のお手伝いを行う所存です。ご興味のある方はお気軽にご相談下さい。

SDGsワークショップのご案内

SDGs de 地方創生 カードゲーム「SDGs de 地方創生 カードゲーム」

各種研修のページへ

>> SDGsワークショップ
>> 未来新聞Ⓡ研修

2019-01-23

昨年末から3回に渡って行ってきた「神奈川県県西地域:みんなで学ぼうSDGsプログラム@南足柄みらい創りカレッジ」が、1月19日、無事終了しました。SDGsカードゲームの他、未来新聞®ワークショップや未来同窓会など、様々な手法を取り入れ、SDGsを自分事に、そしてSDGsのその先(2030年以降)の未来ビジョンを描いていただきました。地域に想いを持った素晴らしい方たちと出会え、私自身も多くを学び考えさせられた意義深き2カ月間となりました。ここから少しずつ輪を広げ、この県西地域を持続可能な取組み溢れる日本一のSDGs実験フィールドにできたらと思っています。県西地域の方、首都圏の方、SDGsを学びたい方、実践したい方、自社の事業にSDGsを取り入れたい方、お問い合わせ下さい! 共に学びながら、持続可能な社会を作っていけたら嬉しく思います。

★全3日プログラムの流れ★
●1日目:2018年12月1日
午前:SDGsカードゲームと振り返り
午後:SDGsとビジネスの潮流、プラスチック汚染について、コレクティブインパクトとSDGs実験フィールド構想について
●2日目:2018年12月15日
午前:取組みたい社会課題、実現したい夢について魂のプレゼン、アイデア脳になる法則
午後:アイデア出しとディスカッション、未来新聞®作成を通じた未来ビジョンづくり
●3日目:2019年1月19日
午前:未来ビジョンをベースに未来同窓会でバックキャスティング
午後:未来ビジョン実現に足りないヒト・コト・モノ洗い出し、実験フィールドについてディスカッション、星崎副市長の前で未来ビジョン発表会

2018-12-06

12月1日、南足柄みらい創りカレッジにて、全3日の「みんなで学ぼうSDGsプログラム」1日目を終了しました。午前中はSDGsカードゲームを通じて「世界はつながっている」こと、そして「私も起点」であることを体感いただき、午後はSDGsとビジネスの潮流や、複雑に絡み合った社会課題解決への可能性についてお話した上で、「神奈川県西地域SDGs実験フィールド構想」に向けたイメージを持っていただきました。

すべては「私も起点」「みんなが主体者」からはじまるこの取り組み。世界は全部自分のうつし鏡だということ、私自身肝に銘じて、このプログラムを通じて自身の在り方から見つめ直していきたいと思いました。大きなチャレンジですが、県西地域の皆様と楽しみながら挑戦していきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

2018-11-09

本年度より、遠野みらい創りカレッジに続き、南足柄みらい創りカレッジでも本格的にお手伝いをはじめました。

テーマは「SDGs」。

SDGsとは持続可能な世界のために、2030年までに世界のみんなで達成しようと国連で決めた17の目標です。これまでも世界各地で取り組まれてきた目標ばかりですが、ようやく世界中の人たちとこの話題を話せる共通言語が出来たことで、ビジネスをも巻き込んだ大きなムーブメントとなっています。一方、掲げられたそれぞれの目標は、これまでの取り組みの延長ではとても達成できないものばかり。貧困でいえば、〇%減らす…などではなく「撲滅」と明記されています。つまり、私たちの意識や価値観をも根底から変える「変革」が求められています。

そこで、SDGsとも関連する様々な社会課題を学び、考え、自分事にしながら、今までの枠を超えた様々な解決策を試すことができる日本一の「SDGs実験フィールド」を、首都圏からも近い神奈川県の西側に3年計画で作ることになりました。カレッジと共に掲げた大きな挑戦です。場所は、神奈川県県西地域と呼ばれる南足柄市・小田原市・中井町・大井町・松田町・山北町・開成町・箱根町・真鶴町・湯河原町あたりの一帯。山から海まで、間に湖と河をもってつながる広大なフィールドは地球環境を、そして人々が生活を営む街や観光地は社会や経済について、私たちに多くのことを考えさせてくれるはず。

ついては初年度、まずはSDGsってなんだろう、自分とはどんな関りがあるんだろう、どんな実験フィールドを作ったらみんなが活用できるだろう、ということを考える12月1日を第1回目とする全3日のプログラム「みんなで学ぼうSDGs」を企画しました。SDGsの特徴の一つである「バックキャスティング」で求められる発想も、兼ねてから活用してきた未来新聞®で体験いただけたらと思っています。
参加費は無料、神奈川県県西地域の方はもちろん、持続可能な世界に興味がある方ならどなたでも参加いただけます。都心からも2時間弱、3日間とも土曜日の朝10時開始にしていますので、気軽にお越し頂けます。
遠野みらい創りカレッジで培ってきた「学習フィールド作り」を、県西地域でも新たな視点で行っていけたらと思います。
よりよい未来を一緒に作りたい皆様の参加をお待ちしています!

■みんなで学ぼうSDGsプログラム:詳細
http://willwind.co.jp/workshop/sdgs/20181201

2018-11-05

神奈川県県西地域SDGs実験フィールド構想

「みんなで学ぼうSDGsプログラム」のご案内

2018年12月1日(土)、15日(土)、2019年1月19日(土)開催

 

南足柄みらい創りカレッジでは、神奈川県県西地域の二市八町(南足柄市・小田原市・中井町・大井町・松田町・山北町・開成町・箱根町・真鶴町・湯河原町)を、SDGs達成に向けた様々な学習や実験を行える日本で最も効果的な「SDGs実験フィールド」にするべく、3年計画の構想を掲げています。

今回実施する「みんなで学ぼうSDGsプログラム」はその実験フィールド作りのための第一歩として、神川県県西地域内外の皆様と共にSDGsを学び、社会課題を共有し、連携の糸口を探るための3日間のプログラムです。SDGsが掲げる社会課題は「みんなで力を合わせて」取り組まなければ解決できないものばかりです。県西地域において地域課題、社会課題に取り組まれている企業、団体、個人の皆様、およびSDGsやこれからの社会、環境、経済に興味がある県内外の皆様の参加をお待ちしています。

■開催日:2018年12月1日(土)、15日(土)、2019年1月19日(土)

■時間:各10:00 – 17:00(最終日は16時終了後懇親会)

■会場:南足柄みらい創りカレッジ(岡本コミュニティセンター内)
・大雄山線塚原駅から徒歩約10分
・住所:〒250-0117神奈川県南足柄市塚原2832

■参加費:無料 (懇親会は別途実費となります)

■ご参加にあたってのお願い
・3日間すべてのプログラムにご参加いただける方が対象となります。
・連絡はfacebookを通じて行うため、facebookへの参加をお願い致します。
・プログラム中の写真を広報等に使わせていただく場合がございます。

■主催:一般社団法人南足柄みらい創りカレッジ

■企画:一般社団法人南足柄みらい創りカレッジ&有限会社ウィルウィンド共同企画

★お申し込み
「①お名前」「②所属」「③ご連絡先」「④プログラムを知ったきっかけ」
の4点を明記の上以下アドレスにお申込下さい。
mirai-c@minamiashigaracollege.org

――――――――――――――――――――――――――――
SDGs(エス・ディー・ジーズ: Sustainable Development Goals)とは、2030年までに世界が抱える問題を解決し、持続可能な社会をつくるために 2015年に国連で採択された17の目標と169のターゲットです。これにより、目指すべき未来について世界中の人々と語り合える「共通言語」が誕生しました。現在、世界各国で、また日本各地でこのSDGs達成に向けた動きが加速しています。
――――――――――――――――――――――――――――

★こんな方にオススメ
・神奈川県県西地域で地域課題・社会課題に取り組まれている企業・団体・個人の方
・神奈川県県西地域の行政の方
・SDGsや持続可能な世界に興味がある方

 

【内容】
セッション1:2018年12月1日(土)10時~17時
<SDGsを学ぶ>
●2030SDGsカードゲーム →ゲームの紹介動画はこちら
●SDGsとビジネス潮流

セッション2:2018年12月15日(土)10時~17時
<社会課題の共有>
●自身とSDGsのつながりを考える
●取り組み課題・社会課題の共有

セッション3:2019年1月15日(土)10時~16時
<SDGs実験フィールドに向けて>
●連携・フィールドワークの検討
●プログラム発表会
※終了後17時から懇親会

【ファシリテーター】
有限会社ウィルウィンド 代表取締役 冨田直子 ご挨拶
2030SDGs公認ファシリテーター

【プログラムチラシ】
「みんなで学ぼうSDGsプログラム募集要項」

 

※参考:SDGsとは→こちらから(イマココラボへ)

※参考:SDGsカードゲームとは→こちらから(イマココラボへ)

2017-06-23

遠野みらい創りカレッジ「みんなの未来共創プログラム」が、どのような流れでみんなで共有しあえるビジョンを作り、結果として「天空ウエディング」を実現させたか、そのプロセスを紹介します。
遠野の皆様にビジョン共有の大切さをあらためて感じさせていただきました。
一人の夢が、私も含めたみんなの未来になっていったのだと思います。

遠野みらい創りカレッジでの地域共創の詳細は、遠野みらい創りカレッジ総合プロデューサー、樋口邦史さん著「学びあいの場が育てる地域創生」で詳しく説明されています。

学びあいの場が育てる地域創生

「学びあいの場が育てる地域創生」はアマゾンサイトで購入できます

一般社団法人遠野みらい創りカレッジへ

2017-04-27

学びあいの場が育てる地域創生

一般社団法人遠野みらい創りカレッジ代表理事、樋口邦史様著書「学びあいの場が育てる地域創生 ~産官学民の協働実践~」にて、コミュニティーコーディネーター、および、みんなの未来共創プログラムの企画運営としてウィルウィンドが紹介されました(51ページ)。

遠野みらい創りカレッジがどのようにして地域住民、地域企業との関係性を築いたか、その実践ノウハウが満載の一冊です。

アマゾンサイトで購入できます

一般社団法人遠野みらい創りカレッジへ

2017-03-05

富士ゼロックス株式会社様と岩手県遠野市が共同運営する「遠野みらい創りカレッジ」にて、カレッジと当社で企画する「みんなの未来共創プログラム」が、2017年1月から3月にかけて実施されました。
未来新聞株式会社の森内真也氏を講師に招き、フィールドワークとアイデア出し、5年後の未来新聞®を描く2泊3日の未来共創セッション、1日のブラッシュアップセッション、1泊2日の検証セッションと遠野市長やその他市民に向けた発表セッション、という3か月に渡るプログラムを実施。今年も大盛況のうちに終わりました。
遠野みらい創りカレッジで行われるこのプログラムは、2014年から始まり今年で3年目を迎えました。

« Older Entries
Copyright© 2012 Willwind All Rights Reserved.