家族史・自分史の実績・お客様の声

2012-02-25

ご依頼主は19年間奥様を介護され続けている男性です。「妻の生い立ちと夫婦の歩みを残せるのは自分しかいない」という思いから、制作のご依頼をいただきました。


「はじめに」より

子どもがいない私たちにとって、十九年前からアルツハイマー病を患う妻好子の人生を語り残せるのは、今となっては夫である私しかいません。私が元気なうちに、好子と私の人生を振り返り、私たちの家族や、共通の友人に贈りたい。そんな気持ちから、この本の制作にとりかかりました。途中、好子の友人や、私の先輩、同僚、後輩にも話を聞きました。少しでも客観性を持たせることができれば、また私たちのことも鮮明に浮かび上がるのではないかと思ったからです。

お客様の声

「バトン自分史・・・・・それ何?」。冨田さんの考えや夢をお聴きするにつれ、まったく同感と言うより共感したのが2年前。そうしたことがあって、妻と私のバトン自分史を作って頂くことになりました。

人間、だれしも「自分たち夫婦はどんな生き方をして来たのだろう?」、「夫々はどのような生活環境で育ったのだろう、どのような周囲の人との関係を持っていたのだろう?」、「皆は我々二人をどのような人間と見ていたのだろう?」などなど、自分では判っている積りでも、それはあくまで主観的理解です。しかし、バトンタッチして後世に残すのは主観ではありません。我々がこの世に生きた証を主観でなく客観で残す、ここにバトン自分史の意味があると思う訳です。これが主観だけで書かれたものであれば、むしろバトンタッチしない方が良いかも知れないとさえ思います。それは後世に誤った情報を残すことになってしまうからです。(お断りしておきますが、主観を残したら何故悪い?という議論もあると思います。私は”悪い”と言っている訳ではありません。ただ、そうしたくないと思っている訳です)私は”客観”の”客観”は現実あり得ないと思っていますが、他人の目を通して我々を見ることによってかなり客観化出来るのではないかと考え、この度の作品「好子と順夫」の製作を冨田さんにお願いした次第です。

冨田さんは、ひたすら我々二人を冷静に見つめ、”より客観的に”をモットーとして取材に励んで下さったと推測しています。この冨田さんのご努力のお蔭で、我々二人の生きた証の一部ではあるかも知れませんが、より客観性を持った作品に仕上がったと大変満足しています。そして、この本を読んで下さった皆さまから、嬉しい有形、無形の励ましを頂き、これからの人生の力となってくれています。

この場をお借りして、冨田さんと、我々二人のことを語って下さった先輩、同僚、後輩の皆さまにも厚くお礼申しあげます。

※「バトン自分史」は商品名称が変更され、現在は「聴き書き家族史」となっています。

2009-09-30

「あとがき」より

高校を卒業して大学を受験するために家を出てからというもの、長いこと家族との交流はほとんどありませんでした。形式的な年賀状は送っていましたが、あとは子供が生まれたから見せに行くであるとか、父の葬式であるとか、なにか特別なことがなければ家に帰ることもありませんでした。四十年近くの間、私が家に戻ったのは数回だけだったと思います。

家族は私が何をやっているのか知らないですし、私も家族のことにまったく関心がありませんでした。それが普通だと思っていたわけです。家族の大切さをあまり感じなかったのですね。

ところが、二年前にあることがきっかけで家族の大切さに気づくようになりました。それ以来、今は時間があれば家に帰って、母親の元気な姿を見ようとか、母親の畑の仕事を手伝おうなどと思うようになりました。今までなかった家族との触れ合いを取り戻すような感じです。

そんなときに、ウィルウィンドの冨田さんと出会い、聞き取りをして一人の人生を記録に残すということを知りました。そういえば自分は両親のことはほとんど知らないなと思いました。ほとんど交流がなかったわけですから、当たり前といえば当たり前です。父が退職後靖国神社に来たとき会ったこともありますが、父もあまり自分のことは話しませんでした。だからこそ、母が元気な内に、母の生き様を聞いて本に残そうと思い、冨田さんに聞き取りをお願いしました。実の子供に話すより第三者に話した方が話しやすいだろうと思ったからです。

最初は聞き取りをしてもらうということを、母親にどう言おうかと悩みました。でも「話しを聞く人が来るから、話してくれ」とそのまま言うと、「ええよ」との返事が帰ってきました。そして、実際に聞き取りがはじまると、冨田さんの優しさと柔らかさが、その心配を杞憂のものにしてくれました。その結果この本ができたのです。

できた本を読んで、改めて母の人生を知りました。戦争と戦争後の過酷な社会の中で必死に生きてきたのだなと思い、また、母が、私も知っている多くの人に支えられてもきたのだなということがわかりました。理解が深まれば家族の絆も更に強くなります。私たち家族の絆も更に深まるでしょう。

突然の話にいやな顔をせず、話をしてくれた母に感謝します。また、関係者の皆様に、この場を借りて厚くお礼申しあげます。

2009-08-01

ご依頼主は61歳で定年を迎え37年間のサラリーマン人生を終えた方です。第二の人生を歩むにあたり、仕事を通して感じた喜び、悲しみ、教訓、想いを残したいということで、「聴き書き家族史」インタビューパックのご依頼をいただきました。
聴き取りを2時間延長して合計4時間。
商品を納品した後、ご家族より、製本のご依頼をいただきました。

お客様の声

長年、サラリーマンとして忙しく過ごしていたため、家族と顔を合わすことも少ない日々でした。仕事の話を子供達の前ですることはなかったので、この本を読んで、私がどんな想いで仕事をしていたかを初めて知ったようです。子供達も社会人になり、同じような悩みや想いがあるみたいですね。仕事の相談をうけるようにもなりました。私の成功や失敗が、少しでも子供達の生き方の参考になればと思っています。

Copyright© 2012 Willwind All Rights Reserved.