個人セミナーの実績・お客様の声

2020-02-09

今日は賢者のフクロウが見守るVisionary Work Garage@代々木公園で2030SDGsカードゲームを行いました。Visionary Work Garageは、2030SDGsのファシリ仲間であり、ビジョンの描き方で私も大いに学ばせていただいているうーさん(鵜川 洋明 (Hiroaki Ukawa)さん)から拝借した場。廃材をいっぱい使って作られたクリエティブな場は、ほんと、秘密基地みたいで童心に返ります(うーさん、ありがとうございました!)

そんな中で、今回は東京ではじめて「週末」にオープン開催を実施。企業の方、起業家、コンサルタントの方、そして学校の先生もと、多彩な方が集まりました。さらに、今回は当ゲームを企業研修として採用下さっている方が是非家族にも、と声をかけ、一家総出で参加下さったり、他にも母娘で参加下さる方がいたり、そして私の義弟も参加したりと、家族を介した輪が広がるうれしい場にも。そう、SDGsって企業人である前に、職業人である前に、生活者一人ひとりのモノ。地球に暮らすみんなのモノなんだなーという情景が目の前で繰り広げられていて、なんだか豊かな気持ちになりました。

最年少は小学6年生。そんな彼は、今まで私がゲームを実施した800人超?の中ではじめてかもしれない行動をとってくれたりするものですから、また感動。うーん、すごい。子どもは本当に私たちの先生です。そして、どんな大人もかつては子どもだったことを考えると、私たちも身にまとってしまった鎧や思い込みをはずせば、世界をトランスフォームすることができるのかもしれない…、そんな希望ももらうことができました。

最後、皆様の感想からは日常生活で、そして会社でも行動を起こすんだという静かなる熱気が伝わってきました。
参加下さった皆様、ありがとうございました。
私の背中を押して下さったチャーリー、ありがとう!

週末のオープン開催、3月にまた実施しようと決めました^^

2019-09-28

郡山のコーワーキングスペース、co-ba koriyamaで「SDGs時代の起業家育成プログラム<SDGsスプリント>」全5回が今日からはじまりました。
2030SDGsのカードゲームからはじまり、課題を洗い出し、事業アイデアを作り、プロトタイプを作って顧客インタビューをし、トリプルボトムライン(経済、環境、社会)を確認、作りたい未来のビジョンを描いたあとに、そこに向かって自社事業がもたらす社会的インパクトを考え、最後にミッションを決める。つまるところ、カードゲームで言う「プロジェクトカード」と「ゴールカード」を作っていただく5日間となります。これから12月まで、楽しく未来を考えていきます!

Copyright© 2012 Willwind All Rights Reserved.