企業研修のお知らせ

2019-05-24

ゲームで体感する SDGs ~自分と世界のつながり~

SDGsをご存じですか?

最近では、テレビや新聞などでも取り上げられるようになったので、
言葉は知らなくても SDGsのカラフルなロゴマークを
一度はどこかで目にした、という方も多いのではないでしょうか。

「SDGs(エスディージーズ)」とは、2015 年に国連が全会一致で採択した
Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略称です。

「貧困をなくす」「気候変動に具体的な対策を」
「産業と技術革新の基盤をつくる」といった17項目と、
それらを達成するための具体的な 169 のターゲットで構成されています。

ビジネスシーンでは欧米を中心に、「収益と社会貢献・社会課題の解決は
対立するものではなく、両立されるべきもの」というコンセプトや理念が
広がりつつあり、SDGsやサステナビリティに対するコミットメントを
企業戦略の中核に据えて推進している企業が増えています。

日本でも環境省や外務省など省庁の動きに続き、
昨年秋には経団連の「企業行動憲章」が
SDGsを前面に押し出した形で改定されました。
また、2018 年 6 月には SDGs達成に向けた
優れた取り組みを提案する 29の自治体が
「SDGs未来都市」として選定されるなど、
いま急速に注目が集まっているのがこの SDGsです。

SDGsって何? なぜ今 SDGsが必要なの?
どうしてこんなに注目を集めているの?
といったことをお伝えしながら、壮大で意欲的な目標であるこの SDGsを、
ゲームを楽しむことを通して体験していきましょう。

どなたでも楽しめる内容です。ぜひ遊びにいらしてください!

>ゲームの詳細 イマココラボへ

ーーー
★こんな方にオススメ
・SDGsや持続可能な世界、世界の潮流に興味がある方
・企業・団体内で活用したい方
・学校教育で活用したい方
・自治体で活用したい方
・SDGsゲームの場を持ちたいという興味を持っている方
・ただ体験してみたい! という初めての方
ーーー

【開催詳細】

◆タイトル:ゲームで体感する SDGs ~自分と世界のつながり~

◆開催日時:2019年6月7日(金)18:30~21:00

◆参加費:一般 3000円 / 学生 1000 円

◆最少催行人数:6名~ ※中学 2年生以上から参加可能です。それ以下の場合は大人とペアでご参加ください。

◆会場:コワーキング&イベントスペース co-ba koriyama 郡山市緑町 9-12
>アクセス こちら

◆タイムテーブル

 18:15 開場
 18:30-20:00 SDGs ゲームプレイ(90 分)
   イントロダクション、ゲーム説明、ゲームプレイ
 20:00-21:00 振り返り(1 時間)

 ※冒頭のゲームのルール説明を聞けないとゲームへの参加が難しいため、遅くとも 18:45 までにお越しいただける方に限定にさせて頂きます。
 ※ワークショップ実施中の写真を広報等に使わせていただく場合がございます。

◆お申込:以下Peatixからチケットをご購入下さい
>チケット購入は こちら

 ※ 正式なお申し込みはPeatixでチケットを購入された時点で完了致します。Peatix以外で購入をご希望の場合は主催者にお問い合わせください。
 ※ Peatixのシステム上、申し込み時にチケット表示の為にアプリをダウンロードするよう促されますが、特にアプリやQRコード等を用意する必要はございません。
 ※領収書が必要な方は、Peatixの受付メールからダウンロードが可能です。
 ※購入者とは異なる、代理の方が出席される場合には会場での受付時にその旨お申し出ください。
 ※やむをえない事情によりキャンセルする場合、主催者にお問い合わせください。(所定の手数料が発生する場合があります。)

◆主催:co-ba Koriyama  https://co-ba.net/koriyama/
    有限会社ウィルウィンド

◆ファシリテーター:
 有限会社ウィルウィンド 代表取締役 冨田直子

2019-05-24

SDGsカードゲーム体験会【SDGsの本質とビジネスの可能性】

当セミナーは、SDGsの本質をカードゲーム「2030SDGs」を通じて体感し、SDGsを取り巻くビジネスの潮流を学びながら、SDGsとビジネスの可能性や、社内推進方法を考えるワークショップ型セミナーです。企業内でSDGsを推進、活用される経営企画、事業開発、人材育成に関わる皆様と共にSDGsを楽しみながら学びませんか。

―――――――――――――――――――――
SDGs(エス・ディー・ジーズ: Sustainable Development Goals)とは、2030年までに世界が抱える問題を解決し、持続可能な社会をつくるために 2015年に国連で採択された17の目標と169のターゲットです。これにより、目指すべき未来について世界中の人々と語り合える「共通言語」が誕生しました。現在世界各国で、また日本各地でこのSDGs達成に向けた動きが加速しています。
―――――――――――――――――――――

 近頃、目にする機会が増えたSDGs。けれども、なんとなく腑に落ちない、活用するメリットがわからない、推進方法がわからない…そんな声も耳にします。目標は明確なれど、それに至る方法がSDGsには一切示されていないことが一つの原因かもしれません。
 そのような時に鍵となるのが「本質」の理解です。SDGsの本質がわかれば、それぞれの会社にあった進め方を見つけることが可能となります。

 当セミナーは、SDGsの本質をカードゲーム<2030SDGs>を通じて楽しみながら体感するセミナーです。

 <2030SDGs>とは、SDGsの17の目標を達成するために、現在から2030年までの道のりを体験するゲームです。SDGsの本質を体感でき、行動変容までも促すゲームとして全国の企業、自治体、市民団体、学校等数多くの場所で実施されてきました。さらにその動きは国外へも広がり、2019年4月には国連の日本代表部の主催により、ニューヨークの国連本部で各国の外交官らがゲームを楽しみました。
>ゲームの詳細 こちら

ゲームのあとは、SDGsを取り巻く世界の動きやビジネスの潮流をお伝えします。なぜ、SDGsが今この時代に出現し、必要とされ、経済界をも巻き込んだ動きとなっているのか、その中で自社はどうあるべきなのか、どんな可能性があるのか、参加者の皆様とワークショップも交えて考えていただきます。

 SDGsは人類がはじめて合意した、共通の目標です。社会の価値観はダイナミックに変わり始めています。企業内でSDGsを推進、活用される経営企画、事業開発、人材育成に関わる皆様のご参加をお待ちしています。

ーーー
★こんな方にオススメ
・SDGsについて知りたい方
・SDGsを企業で推進されるご担当者様
・経営企画・新規事業開発・人材育成のご担当者様
ーーー
★得られるもの
・SDGsがなぜ世界に必要とされたのか、その「Why」を実感できる
・SDGsが存在することによる「可能性」を実感できる
・SDGsの本質である「世界とのつながり」、「目標の見える化」、「共通言語」等を腹落ちさせられる
・各ステークホルダー(国/企業/投資家/地方自治体/市民社会/消費者)のSDGs推進動機を理解できる
・SDGsとビジネスの潮流を学べる
・SDGsを活用する意義がわかる
・参加企業との悩みや問いを共有し合える
・SDGsを社内推進するヒントを得られる
ーーー

<開催詳細>

◆開催日:2019年5月30日(木)

◆時間: 開場13:00(開始13:15)~17:00

◆会場: 西新宿 ドム会議室A 
〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-14-21 双英ビル2F ドム会議室A
東京メトロ 丸ノ内線西新宿駅1番出口より徒歩3分
>アクセス こちら

◆タイムテーブル

13:00  開場
13:15-14:30 SDGsカードゲーム(75分)
14:30-15:30 振り返り(60分)
15:30-17:00 SDGsとビジネスの潮流(90分)

※冒頭のゲームのルール説明を聞けないとゲームへの参加が難しいため、遅くとも13:20までにはお越し下さい。遅れてご入場の場合は、ゲームを見学いただく場合がございます。
※時間は前後する場合がございます。適宜休憩をはさみます。
※ワークショップ実施中の写真を広報等に使わせていただく場合がございます。

◆参加費:5000円

◆お申込:以下、Peatixからチケットをご購入下さい
>チケット購入は こちら

※正式なお申し込みはPeatixでチケットを購入された時点で完了致します。
※Peatix以外で購入をご希望の場合は主催者にお問い合わせください。
※ 同じ企業、団体からのお申し込みは最大3名様まででお願いいたします。
※ Peatixのシステム上、申し込み時にチケット表示の為にアプリをダウンロードするよう促されますが、特にアプリやQRコード等を用意する必要はございません。
※領収書が必要な方は、Peatixの受付メールからダウンロードが可能です。
※購入者とは異なる、代理の方が出席される場合には会場での受付時にその旨お申し出ください。
※やむをえない事情によりキャンセルする場合、主催者にお問い合わせください。(所定の手数料が発生する場合があります。)

◆主催/ファシリテーター:
有限会社ウィルウィンド 代表取締役 冨田直子

2018-11-09

本年度より、遠野みらい創りカレッジに続き、南足柄みらい創りカレッジでも本格的にお手伝いをはじめました。

テーマは「SDGs」。

SDGsとは持続可能な世界のために、2030年までに世界のみんなで達成しようと国連で決めた17の目標です。これまでも世界各地で取り組まれてきた目標ばかりですが、ようやく世界中の人たちとこの話題を話せる共通言語が出来たことで、ビジネスをも巻き込んだ大きなムーブメントとなっています。一方、掲げられたそれぞれの目標は、これまでの取り組みの延長ではとても達成できないものばかり。貧困でいえば、〇%減らす…などではなく「撲滅」と明記されています。つまり、私たちの意識や価値観をも根底から変える「変革」が求められています。

そこで、SDGsとも関連する様々な社会課題を学び、考え、自分事にしながら、今までの枠を超えた様々な解決策を試すことができる日本一の「SDGs実験フィールド」を、首都圏からも近い神奈川県の西側に3年計画で作ることになりました。カレッジと共に掲げた大きな挑戦です。場所は、神奈川県県西地域と呼ばれる南足柄市・小田原市・中井町・大井町・松田町・山北町・開成町・箱根町・真鶴町・湯河原町あたりの一帯。山から海まで、間に湖と河をもってつながる広大なフィールドは地球環境を、そして人々が生活を営む街や観光地は社会や経済について、私たちに多くのことを考えさせてくれるはず。

ついては初年度、まずはSDGsってなんだろう、自分とはどんな関りがあるんだろう、どんな実験フィールドを作ったらみんなが活用できるだろう、ということを考える12月1日を第1回目とする全3日のプログラム「みんなで学ぼうSDGs」を企画しました。SDGsの特徴の一つである「バックキャスティング」で求められる発想も、兼ねてから活用してきた未来新聞®で体験いただけたらと思っています。
参加費は無料、神奈川県県西地域の方はもちろん、持続可能な世界に興味がある方ならどなたでも参加いただけます。都心からも2時間弱、3日間とも土曜日の朝10時開始にしていますので、気軽にお越し頂けます。
遠野みらい創りカレッジで培ってきた「学習フィールド作り」を、県西地域でも新たな視点で行っていけたらと思います。
よりよい未来を一緒に作りたい皆様の参加をお待ちしています!

■みんなで学ぼうSDGsプログラム:詳細
http://willwind.co.jp/workshop/sdgs/20181201

2018-11-05

神奈川県県西地域SDGs実験フィールド構想

「みんなで学ぼうSDGsプログラム」のご案内

2018年12月1日(土)、15日(土)、2019年1月19日(土)開催

 

南足柄みらい創りカレッジでは、神奈川県県西地域の二市八町(南足柄市・小田原市・中井町・大井町・松田町・山北町・開成町・箱根町・真鶴町・湯河原町)を、SDGs達成に向けた様々な学習や実験を行える日本で最も効果的な「SDGs実験フィールド」にするべく、3年計画の構想を掲げています。

今回実施する「みんなで学ぼうSDGsプログラム」はその実験フィールド作りのための第一歩として、神川県県西地域内外の皆様と共にSDGsを学び、社会課題を共有し、連携の糸口を探るための3日間のプログラムです。SDGsが掲げる社会課題は「みんなで力を合わせて」取り組まなければ解決できないものばかりです。県西地域において地域課題、社会課題に取り組まれている企業、団体、個人の皆様、およびSDGsやこれからの社会、環境、経済に興味がある県内外の皆様の参加をお待ちしています。

■開催日:2018年12月1日(土)、15日(土)、2019年1月19日(土)

■時間:各10:00 – 17:00(最終日は16時終了後懇親会)

■会場:南足柄みらい創りカレッジ(岡本コミュニティセンター内)
・大雄山線塚原駅から徒歩約10分
・住所:〒250-0117神奈川県南足柄市塚原2832

■参加費:無料 (懇親会は別途実費となります)

■ご参加にあたってのお願い
・3日間すべてのプログラムにご参加いただける方が対象となります。
・連絡はfacebookを通じて行うため、facebookへの参加をお願い致します。
・プログラム中の写真を広報等に使わせていただく場合がございます。

■主催:一般社団法人南足柄みらい創りカレッジ

■企画:一般社団法人南足柄みらい創りカレッジ&有限会社ウィルウィンド共同企画

★お申し込み
「①お名前」「②所属」「③ご連絡先」「④プログラムを知ったきっかけ」
の4点を明記の上以下アドレスにお申込下さい。
mirai-c@minamiashigaracollege.org

――――――――――――――――――――――――――――
SDGs(エス・ディー・ジーズ: Sustainable Development Goals)とは、2030年までに世界が抱える問題を解決し、持続可能な社会をつくるために 2015年に国連で採択された17の目標と169のターゲットです。これにより、目指すべき未来について世界中の人々と語り合える「共通言語」が誕生しました。現在、世界各国で、また日本各地でこのSDGs達成に向けた動きが加速しています。
――――――――――――――――――――――――――――

★こんな方にオススメ
・神奈川県県西地域で地域課題・社会課題に取り組まれている企業・団体・個人の方
・神奈川県県西地域の行政の方
・SDGsや持続可能な世界に興味がある方

 

【内容】
セッション1:2018年12月1日(土)10時~17時
<SDGsを学ぶ>
●2030SDGsカードゲーム →ゲームの紹介動画はこちら
●SDGsとビジネス潮流

セッション2:2018年12月15日(土)10時~17時
<社会課題の共有>
●自身とSDGsのつながりを考える
●取り組み課題・社会課題の共有

セッション3:2019年1月15日(土)10時~16時
<SDGs実験フィールドに向けて>
●連携・フィールドワークの検討
●プログラム発表会
※終了後17時から懇親会

【ファシリテーター】
有限会社ウィルウィンド 代表取締役 冨田直子 ご挨拶
2030SDGs公認ファシリテーター

【プログラムチラシ】
「みんなで学ぼうSDGsプログラム募集要項」

 

※参考:SDGsとは→こちらから(イマココラボへ)

※参考:SDGsカードゲームとは→こちらから(イマココラボへ)

2018-08-21

弊社代表の冨田直子が一般社団法人イマココラボの「2030 SDGs」公認ファシリテーターになりました。

「2030 SDGs(ニイゼロサンゼロ エスディージーズ)」とは、SDGsの17の目標を達成するために、現在から2030年までの道のりを体験するカードゲームです。

SDGs(エス・ディー・ジーズ: Sustainable Development Goals)とは、2030年までに世界が抱える問題を解決し、持続可能な社会をつくるために 2015年に国連で採択された17の目標と169のターゲットです。これにより、目指すべき未来について世界中の人々と語り合える「共通言語」が誕生しました。現在、世界各国で、また日本各地でこのSDGs達成に向けた動きが加速しています。

弊社でもSDGsと関連するワークショップやプログラム、未来新聞®と組み合わせたプログラム等、今後もよりよき未来を創る様々な企画を推進します。ご興味のある方はお気軽にご相談下さいませ。

SDGsワークショップのご案内

2030 SDGs カードゲーム「2030 SDGs カードゲーム」

各種研修のページへ

>> SDGsワークショップ
>> 未来新聞Ⓡ研修

2015-03-30

JTBコーポレートセールス様とのコラボ企画、「アイデア脳開発キャンプwith 未来新聞®」が「JTB体験型研修プログラム」」の一プログラムとして発売開始になりました。
未来新聞と森内先生のオリジナル発想メソッドを使い、都会を離れた非日常空間で参加企業の「X年後の新商品・新サービスアイデア」を大量にお持ち帰りいただける1泊2日のキャンプです。イノベーティブな企業風土づくりに、アイデア社員の育成に、今までにない脳活性社員旅行にと、是非ご活用下さい!

 

2013-09-12

人事研修ご担当者様向けに、「未来新聞®研修」と「クリエイティブ研修」の研修体験説明会を未来新聞代表、森内真也氏に講師を依頼し、実施いたしました。90分間のお試し版の「クリエイティブ研修」を体験いただく中で、実際に未来新聞®も執筆もしていただきました。たった10分間の執筆時間でしたが、みなさまの創造力溢れる記事に感心しきりでした。
お忙しい中ご出席いただいたみなさま、ありがとうございました。今後の研修計画にお役立ていただければ幸いです。

≪出席者様の声≫
・クリエイティブというものは天性の才能によるものと思い込んでいましたが、トレーニング、気付き次第で誰でもクリエイティブ脳を鍛えることができるのだということがわかりました。
・森内先生の説明がとても理解しやすく楽しいものでした。「未来新聞」をもっと読んでみたいです。
・「アイデアが出せる状態を作る」ことがすんなり理解できた。
・前回ご来社いただいたときより理解が一層深まったような気がします。
・Creativityを開発する仕組みがあることがわかり大変勉強となった。
・アイデアを作るのではなくて、脳をクリエイティブにすることの大切さを知った。
・個人レッスンを受けたいくらいでした。

Copyright© 2012 Willwind All Rights Reserved.