企業研修の実績・お客様の声

2019-04-27

静岡最大のソーラーシェアリング事業会社、スマートブルー様にて、本年2回目の「2030SDGs」カードゲームを実施させていただきました。
ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)とは、耕作地に架台を設置し、その上に太陽光パネルを並べて発電を行う農地有効活用の仕組み。農業生産の持続可能性を収益面で後押しし、かつ自然エネルギーも活用する、まさにSDGsな未来型農業です。
前回はスマートブルー様のインターンシッププログラムという少人数での実施でしたが、今回は全社研修ということで総勢24人での実施。塩原社長がお生まれになった日は、環境問題が初めて国際的に話し合われたストックホルム会議の初日だったとのこと。研修はそんな塩原社長の「自分には生まれながらにSDGsを推進する使命がある」という、楽しくも力強い自己紹介からスタートしました。また、ゲーム終了後は脱炭素に向けたビジネスの潮流についてもお話させていただき、再生エネルギーをど真ん中で推進する皆様と思いを共有できたことは、私にとっても貴重な経験となりました。
一度、最先端のソーラーシェアリング導入先を訪問させていただき、きちんと社長のお話を伺いたいと心に決めた静岡出張。スマートブルーの皆様との出会いに感謝します!
◆スマートブルー株式会社 http://smartblue.jp/

2019-04-18

4月18日、立教大学経営学部国際経営学科の西原文乃先生のワークショップ授業にて、2030SDGsのカードゲームを実施しました。当授業は、学生が企業と一緒になって社会課題解決に取り組み、企業が2030年までにSDGs達成に向けてすべきことを半年かけて実践的に考えていく授業です。そのオープニングとしてSDGsへの理解を深める目的でゲーム実施の依頼をいただきました。

実践的な授業とあって、履修生はみんな積極的。活発に動き交渉し、終了後は様々な学びや気づきの言葉が次々と出てくるとっても楽しい時間となりました。終了後、西原先生から、学生の振り返りシートを共有いただきました。授業終了後にじっくり書いて下さったものということで、中でも特に印象に残ったのは「怖さ」を感じたというもの。

<以下引用>
『このゲームを行なって、ここで起きたことは現実でも起こり得る、という怖さに近い感情を抱きました。ゲームを進めて行く過程で、環境・社会を無視した経済発展重視の社会になってしまったり、最後になって時間が足りなくなってしまったりと、現実社会の未来を描いているような光景を目にしたからです。また、自班の目標が達成できなかったグループがあるにもかかわらず、達成できていたグループもあったという点が、現実での途上国と先進国の差を表しているようで怖さを感じました。このゲームを通して、怖さを感じることができたので、自分の行動の中で、変えられるところはあるか考えていきたいと思いました。』

毎回深い感想をいただきますが、今回の「怖さ」という表現は私の中では新鮮でした。やればやるほど、気付きをいただくゲームです。

2019-03-01

遠野みらい創りカレッジにて、「SDGs de 地方創生」カードゲームを実施しました。まずは少人数でのトライアルでしたが、地元企業も、行政も、NPOも、中間支援組織も、市民も、赤ちゃんも(!)と、参加者はバラエティ豊か。

参加者からは「はじめてのワークで最初は戸惑ったものの、目に見えてあの地域が今どんな状況か指標のお陰でわかり、そして自分の利益だけ求めてプロジェクトを進めても良くないことが理解できて凄く楽しかったです」「結局みんなで協力しないと良い世界にならないということもわかりました」「危機感を共有できてから雰囲気が変わって状況を好転できました」「行政と住民とのすれ違いにより、人口が減少する。コミュニケーションの大切さがわかりました」「公的資金を上手に使うべきだと実感しました」などの声があがれば、カレッジ代表の樋口さんからは「プロジェクトや進め方がリアルすぎて、まるで仕事だ(笑)」というお言葉まで。

人口減少するまちでの12年間の活動を疑似体験しながら、SDGsへの理解も深めた3時間でした。

皆様、ありがとうございました!

2019-02-22

静岡最大のソーラーシェアリング事業会社、スマートブルー様にて「2030SDGs」カードゲームを実施させていただきました。
ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)とは、耕作地に架台を設置し、その上に太陽光パネルを並べて発電を行う農地有効活用の仕組み。農業生産の持続可能性を収益面で後押しし、かつ自然エネルギーも活用する、まさにSDGsな未来型農業です。
今回は、スマートブルー様のインターンシッププログラムということで、学生さんも参加。開始早々から発揮されたスマートブルー様のチームワークに学生さんも一気に巻き込まれ、大いに盛り上がりました。とにかくいい社会を作るんだ、SDGsの伝道師になるんだと意気込み溢れた会社。静岡市の新卒採用アウトソーシング会社ナナクレマ様からのご紹介に感謝です。私も大いに刺激をいただきました!
http://smartblue.jp/

以下、振り返りの際に出た声を一部ご紹介します。

・チームの人間関係が重要だと思った

・自分の利益だけでなく、他社や社会に目を向けることが大切

・どんなゴールを作りたいか、意見交換をする大切さを知った

・時間は有限であることを意識することの大切さを学んだ

・誰を、何を支援するか意識すること

・自分は何をしたいか意識すること

スマートブルーの皆様、ナナクレマ様、ありがとうございました!

2019-01-23

昨年末から3回に渡って行ってきた「神奈川県県西地域:みんなで学ぼうSDGsプログラム@南足柄みらい創りカレッジ」が、1月19日、無事終了しました。SDGsカードゲームの他、未来新聞®ワークショップや未来同窓会など、様々な手法を取り入れ、SDGsを自分事に、そしてSDGsのその先(2030年以降)の未来ビジョンを描いていただきました。地域に想いを持った素晴らしい方たちと出会え、私自身も多くを学び考えさせられた意義深き2カ月間となりました。ここから少しずつ輪を広げ、この県西地域を持続可能な取組み溢れる日本一のSDGs実験フィールドにできたらと思っています。県西地域の方、首都圏の方、SDGsを学びたい方、実践したい方、自社の事業にSDGsを取り入れたい方、お問い合わせ下さい! 共に学びながら、持続可能な社会を作っていけたら嬉しく思います。

★全3日プログラムの流れ★
●1日目:2018年12月1日
午前:SDGsカードゲームと振り返り
午後:SDGsとビジネスの潮流、プラスチック汚染について、コレクティブインパクトとSDGs実験フィールド構想について
●2日目:2018年12月15日
午前:取組みたい社会課題、実現したい夢について魂のプレゼン、アイデア脳になる法則
午後:アイデア出しとディスカッション、未来新聞®作成を通じた未来ビジョンづくり
●3日目:2019年1月19日
午前:未来ビジョンをベースに未来同窓会でバックキャスティング
午後:未来ビジョン実現に足りないヒト・コト・モノ洗い出し、実験フィールドについてディスカッション、星崎副市長の前で未来ビジョン発表会

2018-12-06

12月1日、南足柄みらい創りカレッジにて、全3日の「みんなで学ぼうSDGsプログラム」1日目を終了しました。午前中はSDGsカードゲームを通じて「世界はつながっている」こと、そして「私も起点」であることを体感いただき、午後はSDGsとビジネスの潮流や、複雑に絡み合った社会課題解決への可能性についてお話した上で、「神奈川県西地域SDGs実験フィールド構想」に向けたイメージを持っていただきました。

すべては「私も起点」「みんなが主体者」からはじまるこの取り組み。世界は全部自分のうつし鏡だということ、私自身肝に銘じて、このプログラムを通じて自身の在り方から見つめ直していきたいと思いました。大きなチャレンジですが、県西地域の皆様と楽しみながら挑戦していきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

2017-06-11

遠野の皆様と、遠野みらい創りカレッジという基盤の上で描かれた未来新聞®が次々と実現していった「天空ウェディング」が、2017年6月10日、遠野の街と山々が一望できる高清水で行われました。

雨予報の午前中でしたが、「天空ウェディング」の時間だけ奇跡的に雨があがり決行。過去のみんなの未来共創プログラムに参加した多くの企業が手をつなぎ、5年後の未来として描かれた未来新聞®が、カレッジスタッフのご結婚という突然のお祝い事をきっかけに、気が付けばわずか3か月後に実現されました。

遠野交通が「天空ウェディング特別号」のジャンボタクシーを出せば、ウェディング会場では発案者の民宿大森家の大森さんと新婦愛実さんご本人、カレッジが中心となって作成したアーチやリボン、音響などがセッティングされ、プログラムにサポーターとして参加して下さっていた山田泰平さんからはレッドカーペットを拝借。ブーケは民泊小山美子さんのお庭の花を使った手作り、愛実さんと今日の会場にとっても似合うかわいらしいベールは大森さんの手作り、空を見上げれば、ドローン関連の未来新聞®をいっぱい描いていた北日本朝日航洋のドローンが飛び連続写真を撮影、カレッジ有馬さんの司会進行のもと、総合プロデューサー樋口さんが牧師ならぬ誓いの言葉のガイド役をつとめ、みんなで署名をした結婚証明書に新郎新婦が署名。ライスシャワーのカゴは遠野バイオエナジー勤務、「かごっこぺぱん」主宰の大西真理さんからのご提供。

ランチパーティー会場もプログラム参加企業からのコラボラッシュ。上閉伊酒造新里佳子さんからのピンクの日本酒が贈られ、新郎新婦は千葉木工所高橋寛子さんが用意して下さった特別チェアに座っていただきました。かごっこぺぱんのカゴには今度は大森家のお庭の花が飾られ、民泊立花家の和子さんが祝いの日舞「関の五本松」を踊れば、みんなからのプレゼントとしてお渡しした「もくもく絵本 ウェディングバージョン」の巨大レプリカ版を使ったサイコロゲームで盛り上がる。富士ゼロックス復興推進室の皆様からの寄せ書き贈呈に、これまで「みんなの共創プログラム」に参加されたたくさんの方々からのメッセージも読み上げられ、上郷のちびっこクラブの人形劇あり、カレッジの有馬さんによるギター演奏あり、樋口さんによるピアノの弾き語りあり。カレッジのプリンタをフル活用して作った思い出写真サイコロやテーブルマットも会場に花を添えました。ウエディングケーキもみんなで朝からフルーツをカットした手作りです。

今回参加できなかった介護福祉関係のプログラム参加企業、ケア・グラントの唯是光裕さんや、とおの松寿会、そして遠野ケアイノベーション会議の松田学さんも、今後、この天空ウェディングパッケージにはご高齢の方の送迎や介助で協力したいとおっしゃってくださったり・・・

みんなでまさに「共創」したこんなにあったかい手作りウェディングの感動を下さったお一人お一人、そして結果として未来新聞®の実証実験の様相を呈すなか、その実験台に喜んでなっていただき、一緒に楽しみ準備をして下さった愛実さんとご新郎様、およびご家族の皆様に感謝と喜びでいっぱいです。私たちがここまでのものを作れたのは(作ろうと思えたのは)、一重にみんな本当に愛実さんが大好きで、たくさんお世話になってきたという実感があるからこそ、そしてカレッジという場とプログラムを通じて描き合った未来新聞®、およびプログラムを通じて培った関係性の賜物だと思っています。仕事の合間を縫って行われた実質的準備はわずか2週間。こういうことっておこるんだ。。そんな奇跡をみせてくれた「天空ウェディング」は、岩手日報にも朝日新聞岩手版にも大きく取り上げていただきました。

ここからみんなでちゃんと事業にしていきたい。カレッジを通じてつながった仲間との最初の一歩は、みんなの想いが一つになってつながった幸せの一歩でした。


20170611天空ウェディングメディア掲載
インターネット版の記事はこちらからご覧いただけます。

「高清水高原で初の結婚式 遠野、絶景が門出演出」2017年6月11日 岩手日報




2017-03-26

某国高官の方々との未来新聞®ワークショップを未来新聞森内先生のリードで実施しました。
はじめての通訳付きのワークショップでしたが、思い切り自由に描いていただいた未来新聞は、各人の発表の際に抱腹絶倒と言っていいほどの盛り上がりを見せ、未来新聞は国境を超えることを実感した貴重な2日間となりました。アンケート結果も大変よく、未来新聞が両国のよりよき未来への橋渡しになったならうれしく思います。

2017-03-05

富士ゼロックス株式会社様と岩手県遠野市が共同運営する「遠野みらい創りカレッジ」にて、カレッジと当社で企画する「みんなの未来共創プログラム」が、2017年1月から3月にかけて実施されました。
未来新聞株式会社の森内真也氏を講師に招き、フィールドワークとアイデア出し、5年後の未来新聞®を描く2泊3日の未来共創セッション、1日のブラッシュアップセッション、1泊2日の検証セッションと遠野市長やその他市民に向けた発表セッション、という3か月に渡るプログラムを実施。今年も大盛況のうちに終わりました。
遠野みらい創りカレッジで行われるこのプログラムは、2014年から始まり今年で3年目を迎えました。

2017-03-02

富士ゼロックスと神奈川県南足柄市による南足柄みらい創り活動の一環として、「みんなの未来共創プログラム」が2月から3月にかけ、実施されました。2014年に岩手県遠野市でスタートした地域共創プログラムの実績を生かし、今年度から神奈川県南足柄市でもスタートしたプログラムです。
未来新聞株式会社代表、森内真也講師の下、地域企業、首都圏企業、学生が一緒になり、みんなで南足柄の5年後の未来を未来新聞®形式で描きました。
最終発表の3月2日には、加藤市長、笠井商工会長の前で、足柄グリーンサービス様、伊豆箱根鉄道様、創進様、最乗寺様のコラボがコラボを呼ぶ、今にも動き出しそうな未来新聞が、熱き想いと共に発表されました。
5月からは正式に「南足柄みらい創りカレッジ」が開校するそうです!

≪参加者様の声≫
◎プログラムを通じての感想
・一見現実味のないアイデアも、視点によっては活かせるアイデアが沢山あると感じた。
・1つの事象に色々な事象を掛け合わせる事で、全く新たな発想が生まれることを感じた。
・個人として参加させていただいたが、今回得た人脈は今後使えそう。それぞれの企業の今後の活動に関われたら今回の参加は良いものになったと実感できると思う。
・企業同士の連携が直接生まれる点が、新規事業創成のきっかけに使えそうだと思った。
・地域都市で同じような悩みを抱えている行政にこのプログラムを薦めたい。
・参加人数が多ければ、それだけ素晴らしい意見が出るのではと感じた。
・参加層を広げて、高校生や主婦、高齢者など色々な立場の方の意見を取り入れると尚良くなると思った。
◎未来新聞という手法について
・アイディアが出しやすい、とても優れた手法だと思った。
・新聞にすることで、実現がより近く感じた。
・様々なアイディアが浮かんで、色々な考えを出せたので、良い方法だと思った。
・思いもかけないアイデが集まることが本当に素晴らしいと思った。

« Older Entries
Copyright© 2012 Willwind All Rights Reserved.