聴き書き家族史

「聴き書き家族史」とは

インタビューによってご本人、ご両親、祖父母様の来し方や、想いをお伺いし、未来に伝えていくための文章に書き起こすサービスです。

もっと詳しく

聴き書き家族史、それは世代を超えて想いをつなげる家族の歴史です。

家族のため、次の世代につなげるための「想いのバトン」です。
ですから特別な人だけではなく、いのちあるすべての方々に
残していただきたいものだと思っています。

一番の特徴は、
バトンを受け取る家族が聴きたいことを
インタビュアーがかわりにお聴きして、
文章を作成させていただくということ。

聴き書き家族史は、作ったその日から
10年後、30年後、50年後、100年後と価値が上がり続ける
かけがえのない後世へのプレゼントです。

バトンの大切さに気づかれた皆様は
ご両親がご健在なら、是非ご両親に
「聴き書き家族史を残してほしい」
とお願いしてみてください。

できれば、プレゼントをしてください。

それはご両親へのプレゼントのみならず
ご自身のお子様やお孫さん
そして 100年、200年先の子孫へと届く
いのちのプレゼントです。

もし、ご両親がすでに他界されていたら、
次の世代のために、ご自身が聴き書き家族史をお残し下さい。
そしてその時には、ご両親や祖父母様、曾祖父母様の思い出もお話し下さい。
それだけで簡単に 100 年という時間をさかのぼることができます。

ときおり、大した人生ではないと謙遜される方もいらっしゃいます。
でもその時には、お一人お一人が歩まれたそのままの軌跡が
お子様やお孫さんたちが知りたい、そして時にはそこから勇気と力をもらいたい
「いのちのバトン」であるということを
思い出していただきたいと思います。

バトン自分史は、作ったその日から価値が上がり続けます。

脈々とつづくいのちのバトンを
今、あなたの世代で形にするということのお手伝いを、
私たちウィルウィンドがお引き受けいたします。

インタビュー

一人一人の想いのバトンこそが、次の世代が未来を生きぬく力になるのだということを胸に 未来に伝えるべきメッセージやエピソード、あなたの想いを、 心をこめてインタビューさせていただきます。 私たちは「インタビュー」の時間を何よりも大切にしています。

もっと詳しく

第三者に人生を話す・・・
ちょっぴり勇気のいることかもしれません。

でも、第三者のインタビュアーだからこそ、お聴き出来ることがあるのです。

ウィルウィンドは、自分史を「聴き書き家族史」と名付けて
想いを次の世代につなげることを使命としています。

事前にどんなことをご両親や祖父母様から聞きたいか、
バトン受け取るご家族とじっくりと打ち合わせをさせていただきます。
息子や娘、ご家族では照れくさくて聞けないことも
私たち、インタビュアーにおまかせください。

年表順に記憶を整理しながら、事実だけがお話されていく・・・
そんな場合でも、その語り口調の中に、その沈黙の中に
いのちの想いが溢れています。

心にとげのようにひっかかっている経験や想いがあったとしても
インタビューを通じて、学びや感謝へと昇華していく・・・
そんな癒しのプロセスにもなれたらと思っています。

第三者によるインタビューだからこそ、独りよがりにならない、
次の世代のための「聴き書き家族史」が完成します。

商品案内

「聴き書き家族史」製本パック 100万円 (消費税別)

「聴き書き家族史」作成サービス印刷製本の見本
8時間までのインタビューの内容、年表などを文章に書き起こし、1冊の本にまとめて製本いたします。
多くの方が人生を振り返えられたとき、皆様だいたい8時間以内のインタビューでご本人の人生全 体をお話下さいます。製本パックは、最大で4回(8時間)までのインタビューを行い、印刷・製本まで行う大変お得なパックです。
ご両親に自分史をまとめてもらいたい。そんなプレゼントとしての用途にも最適なパックとなっています。
8時間を超えるインタビューにつきましては、2時間まではサービス、その後1時間につき10万円 (消費税別)でお受けいたします。ご相談下さい。

  • インタビュー 最大で4回、合計8時間まで
  • A5 版、並製本、本文モノクロ、見返し、カラーカバー付き
  • 部数 10 冊~200 冊まで(増刷もご相談下さい)
  • インタビュー音声

「聴き書き家族史」インタビューパック 30万円 (消費税別)

2時間までのインタビューの内容、年表などを文章に書き起こし、製本前の原稿(レイアウト済み) としてお納めいたします。
あの時代、あの出来事、そして今の想い…。人生の一幕に耳を傾けます。仕事史というジャンルで お話を伺うこともできます。
2時間を超えるインタビューにつきましては、1 時間につき 10 万円(消費税別)でお受けいたします。 ご相談下さい。

  • インタビュー 1回、合計2時間まで
  • 原稿 [データ] PDF ファイル [紙面] A4 1 部
  • インタビュー音声

「聴き書き家族史」製本サポート

インタビューパックで積み重ねた原稿を印刷、製本させていただきます。
ご希望に合わせて家系図と年表を原稿に含めることができます。
ご予算に合わせて製本タイプをお選びいただけます。
お気軽にご相談下さい。

ご契約からインタビューの流れ (「聴き書き家族史」製本パックの場合)

10ステップで完成です。

STEP1 最初のご説明 (1時間~2時間)

ウィルウィンドのインタビュアーがご説明にうかがいます。
ご要望やご予算を元に、ご提案をさせていただきます。

矢印

STEP2 ご契約

ご納得いただいた形で契約をさせていただきます。
商品代金を指定口座にお振り込み下さい。
お振り込みの確認を持って「正式なお申込み」とさせていただきます。

二分割でのお支払いも可能です。その場合は第一回お振り込み金額として商品代金の半額をお振り込み下さい。残金は「印刷・製本」前のお支払いとなります。

矢印

STEP3 お客様による年表記入、写真の準備

ご入金確認後、ウィルウィンドより郵送させていただく年表書き込みシートに、トピックを書き込んでいただきます。
また、聴き書き家族史に掲載したい写真をご用意下さい。
特にお話になりたいこと、伝えたいことは何ですか?
ご家族とともに写真を選びながら思い出を掘り起こせば、忘れていたイベントがよみがえるかもしれません。

矢印

STEP4 打ち合わせ (約2時間)

年表をベースにインタビュー内容を検討します。
できれば、ご家族みんなでご参加ください。
掘り下げてほしいトピックなど、ご家族からの要望もお聞きします。

矢印

STEP5 インタビュー (1回約2時間)

いよいよインタビューです。
年表に沿って、またはお話になりたいトピックに沿って、インタビュアーがひとつずつ質問をさせていただきます。
ご両親やご先祖様のこと、子供のころのお手伝いのようす、住んでいた家のようす、昔の習慣など、質問されなければでてこないことをお聴きするのもウィルウィンドの特徴です。
お話されたくないことは、素直におっしゃって下さい。沈黙や余談も大歓迎です。
経験と想いに耳を傾け、時代によって変わるもの、変わらないものを意識してインタビューをさせていただきます。

矢印

STEP6 ライティング・編集(3週間~1か月前後)

世代を超えて読み継がれるバトンであることを意識して、わかりやすくシンプルな文章でライティングを進めていきます。
途中、不明点などをメール、お電話などで確認させていただく場合もございます。

矢印

STEP7 内容確認・再編集・校正(2週間~1か月前後)

まずは初校原稿をお読みいただきます。
次に、修正点、変更点を打ち合わせの中でお伝え下さい。
原稿によっては、追加で質問をさせていただき、内容をより充実させていく作業も行います。
ご納得がいくまで何度でも編集・校正を行います。
タイトルや表紙もこの時点で確定します。

矢印

STEP8 原稿完成

☆分割時お支払い
二分割でのお支払いを選択された方は、第二回(残金)のお支払いをお願いいたします。
お振り込みの確認を持って、印刷・製本作業に入らせていただきます。

矢印

STEP9 印刷・製本

矢印

STEP10 完成! お引渡し

完成品を郵送させていただきます。
※インタビューから約2カ月での納品となります。お急ぎの場合はご相談下さい。

[ お支払いについて ]
お振り込みの際は、お振り込み手数料をご負担下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。
また、インタビューでお伺いした際に、弊社からの交通費(実費)を別途ご請求させていただきます。ご了承下さい。

サンプル・お客様の声

「聴き書き家族史」作成サービス印刷製本の見本

家族史「みんなに助けられとるんです」
東京都文京区在住 60歳

〜家族の絆が強まりました〜

18歳で家を出てから、冠婚葬祭でしか実家に帰りませんでした。気が付いたら、父は他界して17年。そして80を超える母について何も知らない自分に気がつきました。父との馴れ初め、母は何を幸せに思って生きてきたのか、母にとって父はどんな人だったのか、そしてなぜ、自分たち、つまり、子どもたちの誕生日を祝ってくれなかったのか…。自分では聞けないことを第三者に聞いてもらって形にしました。「母」という人間を、子どもにも伝えていくことができるようになりました。家族の絆が強まりました。
もっと詳しく

好子と順夫

家族史「好子と順夫」
川崎市宮前区在住 74歳

〜妻の人生を語り残せるのは、
私しかいません。〜

子どもがいない私たちにとって、十九年前からアルツハイマー病を患う妻好子の人生を語り残せるのは、今となっては夫である私しかいません。私が元気なうちに、好子と私の人生を振り返り、私たちの家族や、共通の友人に贈りたい。そんな気持ちから、この本の制作にとりかかりました。途中、好子の友人や、私の先輩、同僚、後輩にも話を聞きました。少しでも客観性を持たせることができれば、また私たちのことも鮮明に浮かび上がるのではないかと思ったからです。
もっと詳しく

自分の道を信じて

仕事史「自分の道を信じて」
中野区在住 70歳

〜成功と失敗、喜びと悲しみ、
その想いを伝えたい〜

長年、サラリーマンとして忙しく過ごしていたため、家族と顔を合わすことも少ない日々でした。 仕事の話を子供達の前ですることはほとんどなかったので、この本を読んで、私がどんな想いで仕事をしていたかを初めて知ったようです。子供達も社会人になり、同じような悩みや想いがあるみたいですね。仕事の相談をうけるようにもなりました。私の成功や失敗が、少しでも子供達の生き方の参考になればと思っています。
もっと詳しく

Copyright© 2012 Willwind All Rights Reserved.