9月, 2016年

2016-09-20

富士ゼロックス株式会社様と岩手県遠野市が共同運営する「遠野みらい創りカレッジ」にて、未来新聞®を使った「遠野みらい物語研修」を実施させていただきました。参加者は、富士ゼロックスの技術部門若手リーダーと遠野市役所職員の皆様。「遠野に子育て世代が押し寄せた!」というテーマで、10年後の未来新聞、その先15年後の未来新聞をグループで執筆していただきました。

2016-09-10

株式会社エル・ティー・エス様の社員旅行「夏合宿」にて、未来新聞代表森内氏による「アイデア研修with 未来新聞ワークショップ」が実施されました。非日常の中で、皆さまに思い切り楽しんでいただきながら、夢あふれる未来新聞が数多く生まれました。
昨年度は熱海、今年度は伊東での実施となりました。

≪参加者様の声≫
◎プログラムを通じての感想
・未来を過去形で話すことで、それが事実と認識できて、次のステップのアイデアがわいてきた。
・自分の中の箍を外すと色々なアイデアがあふれてきた。
・単純にワクワクする。笑える、というのが良い。
・研修という機会がなくても、日頃の思考と行動のクセに落とし込んで行きたい。
・未来のことをあたかも過去のできごとのように書くと、実際本当に実現できるかと思えるようになった。現実とのギャップを如何に埋められるかを更に深く掘ると、リアリティのあるアイデアが出そうだと思った。
・未来を過去形で書くこと、またそのプロセスを通じて自身の本質的な思考を可視化できることが、とても有効的と感じた。
・問題をつぶすという発想から、新しい価値を想像することに気持ちをシフトできた。
・現実的に限られた環境、リソースで出来るかと考えるのはマネジメントで、普段多くの人がやっていることだと思う。未来新聞は先(未来)を見通す方法=リーダーシップなので、リーダーの役割を担う人が採用すべきだと思った。
・課題解決を主とするコンサル関係者に特に必要だと思った。(思考が固まりやすいので)
・時間配分・休憩の取り方・コミュニケーションの取り方など、とても丁寧で最後まで集中できた。

Copyright© 2012 Willwind All Rights Reserved.