皆様はじめまして。
有限会社ウィルウィンド代表の冨田直子と申します。
この度は弊社ホームページにお立ち寄り下さり誠にありがとうございます。

会社名“ウィルウィンド(willwind)”という名前には、“想い(will)を風(wind)に乗せて未来に届ける”という意味が込められています。そして三枚の葉っぱからなるロゴには“黄金の大地、青い海、緑の森”という後世に守り伝えたいものの意味が込められています。

有限会社ウィルウィンドは、皆様の想いを次の世代につなげるお手伝いをするべく、2005年8月15日に設立された小さな会社です。

脈々と続くいのちのバトンを受け継いだ私たちは、過去の私たちの大先輩たちがしてくれたのと同じように、次の世代に何かを伝え遺さなければいけないはず…。自然や古い街並みが大好きな私は、ある日”いかに今を生き”、”何を次の世代につなげるのか”というキーワードで自分にも何かできることがあるのではないか。さらには自分ひとりの力ではなくて、皆様の想いをつなげるお手伝いをしながら、その想いを未来の何かもっと大きく素敵なことに繋げていけるのではないか…。
そんな気持ちが溢れて、サラリーマン生活から一転、有限会社ウィルウィンドを設立するにいたりました。

皆様のお力とともに考え、皆様から多くを学ばせていただきながら、社会にとって必要な会社となっていけるよう、精一杯頑張りたいと思います。

どうか暖かい目でご支援いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

有限会社ウィルウィンド
代表取締役 冨田直子
(ウィルウィンド設立時の想いはこちら

慶應義塾大学総合政策学部卒業。朝日アーサーアンダーセンにて経営コンサルタント、GEにてシックスシグマのブラックベルトとして社内外のコンサルティング、及びプロジェクトリーダーを務める。AIGにて、日本・韓国地区団体保険担当の経営企画に従事。2005年8月「想いを次の世代につなげるお手伝いをする会社」有限会社ウィルウィンドを設立。2006年、NPO法人「昭和の記憶」 理事、USENビジネスステーション「想いが未来を創る」パーソナリティーを歴任。 2009年10月よりイタリア発NPO、60歳以上の方の思い出話を保管・共有する無料オンライン・アーカイブ、MEMORO「記憶の銀行」の日本支部立ち上げに関わる。2010年7月から2013年2月まで、NPO法人MEMORO「記憶の銀行」日本代表を歴任。2012年より未来新聞株式会社と共に未来新聞®を執筆する各種研修をプロデュースし、企業や自治体などでプログラムファシリテーターを務める。公認ファシリテーターは「2030SDGs」「SDGs de 地方創生」「SDGsアウトサイドイン」「デザインスプリント」を保持。趣味はDIY、間取り図を見ること、トレッキング。大自然の中でぼーっとすることが大好きです。