2月, 2019年

2019-02-05

私はふわふわと漂うたんぽぽの種

風にゆられてあっちにこっちに

あれもおもしろそう、これも楽しそう

どこに降りたらいいかわからない

 

そしたらね、悲しんでいる人を見つけたの

「なんで泣いているの?」「どうしたの?」

彼女は言うの「私は、愛情深き人です」

「はい、そうです。あなたは愛情深き人です」

大丈夫、心配しないで、泣かないで

「私は、愛情深き人です」

「はい、そうです。あなたは愛情深き人です」

私は彼女にもっとしっかりと伝えたくて

自分が発する言葉のよりどころを探しながら答えます

「はい、そうです。あなたは愛情深き人です」

何度も繰り返すうちに、

たんぽぽの種から根が生えはじめました

「はい、そうです。あなたは愛情深き人です」

根は土の中に伸びていきます

「はい、そうです。あなたは愛情深き人です」

根はどんどん深く長く、土の中を進んでいきます

「はい、そうです。あなたは愛情深き人です」

どんどん伸びて、根を張って

「はい、そうです」が、たんぽぽの中からだけではなく、

大地の中から出てくる深い声になっていきます

 

「私はもう大丈夫」

さっきまで悲しんでいた人の顔は

明るくすっきりと輝いています

気がつけば、たんぽぽは大きな木になっていました

私は木。大地に根を張った大きな木

ただ、そこにある木

 

次に私は言いました

「私はやさしい人です」

今度はとなりの木が答えてくれます

「はい、そうです。あなたはやさしい人です」

私はくりかえします。「私はやさしい人です」

「はい、そうです。あなたはやさしい人です」

うわべのやさしさで取り繕ってきた自分を思い出します

「私は、やさしい人です」

「はい、そうです。あなたはやさしい人です」

となりの木は、私がやさしいことを昔から知っているみたい

「私は、やさしい人です」

なんだか涙が出てきます

「私は、やさしい人です」

止まっていたたんぽぽの木の根が、ふたたび伸びはじめました

「私は、やさしい人です」

根はどんどん先へと伸びていきます

「私はやさしい人です」

根は、となりの木の根とつながりはじめました

「私は、やさしい人です」

となりの木の根は、そのとなりの木の根とつながりはじめました

「私は、やさしい人です」

そのとなりの木も、さらにそのとなりの木とつながりはじめました

「はい、そうです。あなたはやさしい人です」

となりの木が言っていたはずの言葉が、私の根っこからも聞こえてきます

「はい、そうです。私はやさしい人です」

声は、私の中から、大地の中から、地球の中から響いてきます

「はい、そうです。私はやさしい人です」

 

気がつくと、私はすべてのものとつながっていました

私はもう、どこに舞い降りようかと考えてはいません

あそことも、ここともつながっている

全部とつながっている

 


Photo by NASA

Copyright© 2012 Willwind All Rights Reserved.