SDGsワークショップ

SDGs

SDGs(エス・ディー・ジーズ: Sustainable Development Goals)とは、2030年までに世界が抱える問題を解決し、持続可能な社会をつくるために 2015年に国連で採択された17の目標と169のターゲットです。これにより、目指すべき未来について世界中の人々と語り合える「共通言語」が誕生しました。現在、世界各国で、また日本各地でこのSDGs達成に向けた動きが加速しています。

「2030SDGs」で体感するSDGsの本質

時間:3時間
対象:企業・学校・自治体・地域・個人
人数:10名からご相談ください

概要 この世界で様々な価値観をもって生きている私たちが、持続可能な世界を作るためにはどのように考え、どのように行動することが必要なのでしょうか。2030年までの道のりをシミュレーションし、SDGsの本質を楽しみながら理解します。
内容 1)SDGsの概要
2)カードゲームのルール説明
3)「2030SDGs」
4)振り返り
2030 SDGs カードゲーム「2030 SDGs カードゲーム」

「2030SDGs」&「未来新聞®」による未来創造ファーストステップ

時間:1日
対象:企業・学校・自治体・地域・個人
人数:10名からご相談ください

概要 SDGsの特徴の一つは、2030年の未来の姿からさかのぼってそこに至る実現方法を考える「バックキャスティング」という思考法です。弊社が7年前から取り組む未来新聞®は、未来からバックキャスティングしてその実現方法を考えるツールとして、多くの企業、地域活性化現場(プログラム動画参照)で活用されてきました。「2030SDGs」を用いてSDGsの本質を理解したのち、未来新聞®執筆を通して未来を描き、SDGs達成に向けた第一歩を踏み出すプログラムです。
内容 1)SDGsの概要
2)カードゲームのルール説明
3)「2030SDGs」
4)振り返り
休憩
5)未来新聞®研修
2030 SDGs カードゲーム2030 SDGs カードゲーム2030 SDGs カードゲーム「2030 SDGs カードゲーム」未来新聞研修「未来新聞®研修」

SDGs実験フィールドを用いた未来創造セカンドステップ

対象:企業・学校・自治体・地域・個人
※産学官民まじえて未来創造にチャレンジしたい方

内容 弊社は神奈川県県西地区に産学官民を巻き込むことができるSDGs実験フィールドを持っています。未来創造ファーストステップで描いた未来を、現実の世界で実際にシミュレーションするセカンドステッププログラムです。
2018年末より、一般社団法人南足柄みらい創りカレッジと共に、神奈川県県西地域の二市八町(南足柄市・小田原市・中井町・大井町・松田町・山北町・開成町・箱根町・真鶴町・湯河原町)を、SDGs達成に向けた「SDGs実験フィールド」として、県内外の皆様と共にSDGsを学び、課題を共有し、連携し、解決策を試す場(フィールド)作りを行っています。プログラム実施団体を募集中です。
神奈川県県西地域SDGs実験フィールド構想「神奈川県県西地域SDGs実験フィールド構想
2018年度 課題共有・連携フェーズ「みんなで学ぼうSDGsプログラム」

その他、様々なツールを活用し、楽しみながら内発的行動につながるワークショップをご提案します

レゴでSDGsの世界観を体感 SDGs達成後の世界を作る

SDGsババ抜きカードゲーム 笑下村塾の「SDGsババ抜き」カードゲーム

 

各種研修のページへ

>> 未来新聞Ⓡ研修
>> クリエイティブ研修
>> CAST研修
>> SDGsワークショップ

 

Copyright© 2012 Willwind All Rights Reserved.