SDGsワークショップ

SDGs

SDGs(エス・ディー・ジーズ: Sustainable Development Goals)とは、2030年までに世界が抱える問題を解決し、持続可能な社会をつくるために 2015年に国連で採択された17の目標と169のターゲットです。これにより、目指すべき未来について世界中の人々と語り合える「共通言語」が誕生しました。現在、世界各国で、また日本各地でこのSDGs達成に向けた動きが加速しています。

弊社ではSDGsの達成を実現するために、SDGsを学び、共に考え、実行に移すための様々なワークショップをご提供しています。

☆はじめの一歩:SDGsチャレンジシート

個人で取り組めることを考える「SDGsチャレンジシート」です。あなたにもできること一緒に考えませんか?

 

「2030SDGs」で体感するSDGsの本質

時間:3時間~
対象:企業・学校・自治体・地域・個人
人数:10名からご相談ください

2030 SDGs カードゲーム
概要 「世界はつながっている。私も起点」を体感するカードゲーム
「2030SDGs」とは、SDGsの17の目標を達成するために、現在から2030年までの道のりを体験するゲームです。SDGsの本質が理解でき、行動変容までも促すゲームとして全国の企業、学校、自治体、市民団体で実施の他、海外での実施も増えています。(国連で実施されたニュースはこちら)―――弊社では、SDGsの本質をカードゲーム「2030SDGs」を通じて体感し、SDGsを取り巻く世界の潮流をお伝えしながら、社会課題解決へのはじめの一歩を踏み出すためのプログラムを用意しています。ーーー

★ゲームと振り返りを通じて得られるもの
・SDGsがなぜ世界に必要とされたのか、その「Why」を実感できる
・SDGsが存在することによる「可能性」を実感できる
・SDGsの本質である「世界とのつながり」、「目標の見える化」、「共通言語」等を腹落ちさせられる
・各ステークホルダー(国/企業/投資家/地方自治体/市民社会/消費者)のSDGs推進動機を理解できる
・SDGsとビジネスの潮流を学べる
・SDGsを活用する意義がわかる

ーーー

→ゲームの詳細はこちらから(イマココラボへ)

内容 1)SDGsの概要
2)カードゲームのルール説明
3)「2030SDGs」
4)振り返り

「SDGs de 地方創生」で考えるまちづくりの進め方

時間:3時間~
対象:自治体・企業・学校・地域・個人
人数:15名からご相談ください

SDGs de 地方創生 カードゲーム
概要 「まちづくり」のリアルを体感し課題を発見するカードゲーム
未来に向かう地域づくりのキーワードとして欠かすことのできないSDGsを「まちづくり」の身近なプロジェクトに引き寄せながら 、自分事として体感できる実践型シミュレーションゲームです。「2030SDGs」がSDGsの本質を世界とのつながりの視点から理解するゲームであるのに対し、「SDGs de 地方創生」は日本国内の地域の問題を理解し、対話を促し、行動変容をもたらすよう設計されたゲームです。ーーー弊社では、まちづくりを自分事として体感する「SDGs de 地方創生」のワークショップを日本各地で行っています。また、岩手県遠野市と神奈川県県西地域に社会課題をリアルに観察できるSDGs実験フィールドを、(一社)遠野みらい創りカレッジ、および、(一社)南足柄みらい創りカレッジと共に構築中です。「2030SDGs」と合わせて、まちの未来をみんなで作る方法、一緒に考えませんか。ーーー

→ゲームの詳細はこちらから(Project Designへ)

内容 1)SDGsの概要
2)カードゲームのルール説明
3)「SDGs de 地方創生」
4)振り返り

SDGs1日ワークショップ

時間:1日
対象:企業・学校・自治体・地域・個人
人数:10名からご相談ください

未来新聞研修
概要 SDGsを学び、実践に向けた一歩を踏み出すための1日プログラムです。SDGsをカードゲーム等で体感し、自分事に引き付け、未来を描く、一連のプロセスを追っていただけます。企業でSDGsを推進される方、自治体でSDGsを広めたい方、SDGsを通じたアイデア出しを行いたい方など、お気軽にご相談下さい。ご要望にあったプログラムをご提案いたします。ーーー組み合わせプログラム例)SDGsカードゲーム×未来新聞®(SDGsの特徴の一つは、2030年の未来の姿からさかのぼってそこに至る実現方法を考える「バックキャスティング」という思考法です。弊社が7年前から取り組む未来新聞®は、未来からバックキャスティングしてその実現方法を考えるツールとして、多くの企業、地域活性化現場(プログラム動画参照)で活用されてきました。「2030SDGs」を用いてSDGsの本質を理解したのち、未来新聞®執筆を通して未来を描き、SDGs達成に向けた第一歩を踏み出すプログラムの設計も可能です)
内容 1)SDGsの概要
2)カードゲームのルール説明
3)「2030SDGs」
4)振り返り
休憩
5)未来新聞®ワークショップ

SDGs実験フィールドを用いた社会課題解決プログラム

対象:企業・学校・自治体・地域・個人
※産学官民まじえて未来創造にチャレンジしたい方

神奈川県県西地域SDGs実験フィールド構想
内容 弊社では、2014年より岩手県遠野市の(一社)遠野みらい創りカレッジ、および、2018年より神奈川県南足柄市の(一社)南足柄みらい創りカレッジと共に、社会課題のフィールドワークを行えるSDGs実験フィールドを構築しています。カードゲームを入口に、リアルな社会課題現場でSDGs達成に向けたチャレンジを行いたい企業や団体、個人の皆様からのご連絡をお待ちしています。
「神奈川県県西地域SDGs実験フィールド構想
2018年度 課題共有・連携フェーズ「みんなで学ぼうSDGsプログラム」

様々なツールを活用し、楽しみながら内発的行動につながるワークショップをご提案します

2030 SDGs カードゲーム ◆イマココラボの「2030SDGs」カードゲーム
→詳細はこちらから(イマココラボへ)
→ファシリテーターをご希望の方はこちらからご相談ください。
SDGs de 地方創生 ◆Project Designの「SDGs de 地方創生」カードゲーム
→詳細はこちらから(Project Designへ)
→ファシリテーターをご希望の方はこちらからご相談ください。
SDGsババ抜きカードゲーム ◆笑下村塾の「SDGsババ抜き」カードゲーム
→詳細はこちらから(笑下村塾へ)
→購入はこちらから(笑下村塾オンラインストアへ)
THE SDGs Action cardgame「X(クロス)」 ◆金沢工業大学SDGs推進センターの「X(クロス)」カードゲーム
→詳細・購入はこちらから(REBIRTH PROJECTへ)
→無料ダウンロードはこちらから
(金沢工業大学SDGs推進センターへ)
レゴでSDGsの世界観を体感 ◆SDGs達成後の世界を作る

 

☆ご自由にご活用下さい

持続可能な開発目標SDGs 17目標と169ターゲットと232指標

SDGsの17の目標と169のターゲット、232の指標の一覧表です。国際連合広報センターのデータと総務省 指標仮訳より抜粋して作成。

 

各種研修のページへ

>> 未来新聞Ⓡ研修
>> クリエイティブ研修
>> CAST研修
>> SDGsワークショップ

 

Copyright© 2012 Willwind All Rights Reserved.